歯の矯正って骨を動かすんですよね…。ぶっちゃけ痛い?

痛みが全くないということはない

歯の矯正治療を始めてみたいけれど、あのワイヤーを見ると躊躇してしまう人もいるのではないでしょうか。また、歯を動かすので痛みがありそうで、自分には耐えられるだろうか、と想像する人もいるかもしれません。
実際に矯正装置をつけてみないとわからないのですが、全く痛みがないということはやはりないと思っていたほうがよいでしょう。人によって痛みの感じ方もそれぞれですし、歯の動く状況によっても違います。通常は、治療の段階で、先生がワイヤーの強さや形などを段階を踏んで調整していきます。ワイヤーを調整したあと数日間は違和感もあり、鈍い痛みや、場合によっては少し固いものが食べにくいような痛みを感じることもあるかもしれません。

痛みの原因はいろいろです

痛みが怖くて矯正治療をためらってしまうのは、勿体ないことです。実際には先生に相談すれば、解決できる痛みが殆どなのでそれほど心配をしなくても問題ないでしょう。
矯正のワイヤーを変更したばかりのときは、暫くの間は虫歯とは違う鈍い痛みを伴うことはよくあります。その原因としては、歯を動かすことにより、その課程で必要な力がかかるために歯茎などに痛みが伴います。このようなときには先生に相談して少しワイヤーを調整してもらったり、痛み止めを処方してもらったりするとよいでしょう。次に矯正装置が口の中に当たって痛いということもあります。矯正装置のパーツの一部が頬の内側に当たって痛いということもよくあります。歯の内側にもワイヤーがある場合には舌に当たって口内炎になることもあり、痛みを感じることがあります。