歯の矯正で使われる銀色のアレ。目立たない方法はある?

とにかく目立たなくしたいのなら

歯の矯正治療は時間がかかりますよね。長期間あの装置をつけたまま生活しなければいけないのは、少々勇気のいる決断かもしれません。決断するのを躊躇してしまう理由のひとつに、矯正装置が目立つことを気にしている人も多いのではないかと思います。特にブラケットといわれるワイヤーと歯をつなぐ小さな部品のようなものは目立ちます。
歯科矯正をしていることを知られたくないと思う人は、治療期間は少々長くなりますし、治療費も少々高くなってしまいますが、歯の内側に矯正装置を装着して治療する方法があります。この方法であれば、口の中をしっかり見られない限りは矯正中であることを知られることは殆どありません。慣れるまでしゃべるときに違和感がありますが、お勧めです。

ブラケットが透明な装置もありますよ

なるべく早く治療を終わらせたいし、治療費が高いのはちょっと、と思う人は他にも方法があります。あの銀色で目立つブラケットを白または透明色に変えることができますよ。これなら、歯の表面に矯正装置をつけていても、矯正治療をしていることは他人からは分かりますが、目立たなくすることが十分に可能になります。
歯の内側に矯正装置で治療する方法よりも、早く、安く治療をすることができますし、白や透明のブラケットは金属製ではありませんので、金属に少々アレルギーのある人にもお勧めです。このブラケットは金属性のものよりも少々価格が高い傾向があり、多少強度は劣りますが、矯正治療への影響は殆どありませんので、とにかく目立つのが嫌という人は検討してみてもよいかもしれません。